最近の動き

2015年12月〜
 第35回定例理事会(12月21日開催)において、日心連の一般社団法人格取得について、その定款案とともに審議され、2016年4月からの法人化が承認された。

 

 一般社団法人日本心理学諸学会連合が2016年4月1日に発足した。理事(理事会)は社員(社員総会)、常任理事(常任理事会)は理事(理事会)に名称変更が行われた。

 

2016年6月〜
 法人化後の第1回社員総会(6月12日開催)において、日本自閉症スペクトラム学会および包括システムによる日本ロールシャッハ学会の加盟が承認された(加盟団体は53団体に)。加盟51団体の学術活動の実態調査結果がまとめられたことが報告された。
 本連合が開催を協賛する第31回国際心理学会議(The 31th International Congress of Psychology; ICP2016)がパシフィコ横浜で行われた(7月24日〜29日)。
 第9回心理学検定が8月21日に全国14会場と団体受検12会場の計26会場で実施され、約4,600名の受検者があった。
 法人化記念シンポジウム「社会に貢献する心理学」が9月19日に東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホールにおいて開催された。この会合にあわせて『日本心理学諸学会連合の歩み(第1版)』を公刊し、シンポジウム参加者ほかに配布した。

 

2016年12月〜
第2回社員総会(12月18日開催)の中で、厚生労働省に設置された公認心理師カリキュラム等検討会に日心連から子安理事長が、また同ワーキングチームに沢宮事務局長がメンバーとして参加していること、ならびに会合での検討状況の報告が行われた。
加盟51学会の学術活動の実態調査結果(PDF版)をホームページに掲載した(2016年4月8日)。

 

2017年6月〜
 第3回社員総会(6月25日開催)の中で、公認心理師カリキュラム等検討会の報告書を配布し、実際の進捗状況について厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課の田原克志課長から説明を受け、社員との質疑応答を行った。『日本心理学諸学会連合の歩み(第2版)』を公刊し、第3回社員総会の席上で配布した後、そのPDF版をホームページに掲載した。
 第10回心理学検定が8月20日に全国14会場と団体受検20会場の計34会場で実施され、約5,000名の受検者があった。

 


ホーム サイトマップ
TOP 組織 加盟学会 加盟学会情報 問合せ リンク